東京 目黒・白金でインプラント・歯周病の無痛治療なら安心・安全のキュアデンタルクリニック

トップページ

院長挨拶・治療理念

院長 浅野真秀

  • 院長 浅野真秀
  • 日本のインプラント・歯周病を
レスキューする。

私はインプラント・歯周病の治療にあたり、様々な患者様の笑顔を取り戻して参りました。歯が抜け、インプラントが必要となる理由の大部分には、歯周病が関連しています。つまり、せっかくのインプラントも十分なケアができなければ歯周病にかかってしまう、ということです。
歯周病の徹底した治療なくしてはインプラントの長期予後も見込めずまた、インプラントの知識がないとインプラントの歯周病は直すことが難しいと言えます。
当院はこの相互に関係があるインプラント・歯周病に特化したクリニックとして日々、臨床に従事しております。お悩みの方は是非ご相談ください。

学歴・資格

2005年 日本大学歯学部卒業
2005年 ミシガン大学 Advanced Periodontal Implant Surgery 修了
2006年 International Dental Academy Fellow(全日制) 修了
2012年 ADIA (米国インプラント協会)ドミニカ共和国ボランティア第一期メンバー
2013年 ハーバード大学 EBI 修了
2013年~ キュアデンタルクリニック開設 院長就任
・インプラント実績5443本
・歯周病治療実績1200症例
  の実績  ※2013年6月~2018年5月
  • ドミニカ共和国セントラル病院にて
  • 骨造成の権威:アメリカ最年少教授Arun K Gargと
  • スウェーデンGoteborg大学顎顔面外科教授
    Karl Erickと

浅野院長に質問

  • なぜ、インプラント治療業界を
    志したのですか?
    私が歯科学生時代のことです
    。 ある日、親しかった友人が、病気が原因で人工股関節になると診断されました。
    その友人が施した人工関節は数年おきに再手術が必要であると診断され、その大きな事実と、そのことをあたかも当然のように言い放った担当医に対して、多感な10代の患者(友人)には大きなショックを与えました。
    また、親しかった私自身もすごくショックでした。

    この出来事で、患者の立場に立った医師の説明の重要性を知るとともに、患者の心身の負担が大きい割に繰り返す手術に対して強い憤りを感じることとなりました。
    後日、その人工関節が「インプラント」という治療法の1つで、歯科の領域にもそれがあることを知り、歯医者の自分にもできることがあると思ったことが、インプラント業界に強い興味を持ったキッカケです。

    「それなら、自分が”インプラント”の世界を変えてやる。」「患者がもう泣かなくても良い、笑顔になる治療を追求してやる。」と、強く思うようになりました。
  • インプラント治療を始めて、
    今までの活動を
    簡単に教えてください。
    歯科医になって15年、私は歯周病や虫歯で歯を失った方に対し、残せる歯を可及的に残す治療を、それがどうしても難しい場合は予後のなるべく良い選択肢としてインプラントを行ってまいりました。

    中でも私が最も配慮しているのは、丁寧なカウンセリングと説明です。
    歯科医院のイメージは様々かと思いますが、皆様一様に不安な気持ちをお持ちでいらっしゃるものです。
    そういった方に少しでも安心して治療をお受けいただけるよう、初診当日は治療に入らず、お話しを徹底してお伺いするように心がけています。
    今後の展望をお教えください。
    歯周病の徹底した治療・インプラントの技術研鑽、これらを常にブラッシュアップし毎日の診察に還元するには継続的な学習と、患者様と向き合う真摯な姿勢が必須と考えています。

    また、患者様にはそれぞれ個別のお悩みがあります。

    そんなひとりひとりの患者様と密に向き合うために当院は安易に分院展開をせず設備・人的資産を集中することで、お見えになる患者様にとって最良の医療を提供できるクリニックを目指します。

治療理念

2013年4月現在、日本における歯科インプラントメーカーの売上は300億超(年間ベース)にも上り、毎年、57万本ものインプラントが出荷されています。日本国内では、インプラント治療を行う歯科医が多く存在し、既にインプラント治療は一般的になりました。

しかし、インプラントは施術するとき以上にそのケアが大切です。インプラントをきちんとケアできないとせっかく入れたインプラントも悪くなってしまう場合があります。中でも大切なのが歯周病ケア。

インプラント治療と歯周病は相互関係が深いのが特徴です。インプラント自体の不具合が発生する原因として、『インプラント歯周炎』と『インプラントの機械的動作不良』が挙げられます。

当院はこの問題に正面から向き合い、解決し、日本のインプラント治療の正しい姿を啓蒙し、日本のインプラント治療業界を牽引するために設立いたしました。『日本のインプラント・歯周病をレスキューする』を合言葉に、院長をはじめ、歯科衛生士・歯科技工士が一丸となってこれからも1人でも多くの患者様のお悩みを解決に導きます。

  • マップ
  • 診療時間
  • 無料カウンセリング
  • 静脈内鎮静法
  • 正しいインプラント治療を。
  • お支払いについて
  • アクセス
  • ブログ
ページトップへ