東京 目黒・白金でインプラント・歯周病の無痛治療なら安心・安全のキュアデンタルクリニック

トップページ  患者様の声

静脈内鎮静法(セデーション)とは

痛みを感じない治療を実現する
静脈鎮静法とは、歯科治療で一般的な歯茎に注射をする麻酔とは違い、鎮静薬や麻酔薬を点滴から注入することで、ウトウト眠っているような状態をもたらす麻酔の方法です。

静脈鎮静法は、手術や治療に強い不安や恐怖心、緊張を持っている方でも、リラックスした状況で無痛状態を作り出し、患者様が安心して手術や治療ができます。
今、歯科治療に付きまとうマイナスイメージを払拭できる施術方法として、歯科治療の分野で注目されています。

静脈内鎮静法の対象

  • 不安や恐怖心の強い方
  • 長時間の手術を受けられる方
  • 基礎疾患(高血圧、糖尿病など)がある方
  • 嘔吐反射が強い方
  • 歯科治療の最中に気分が悪くなったことがある方

静脈内鎮静法の特徴

  • 鎮静中は完全に意識がなくなることはなく、
    ウトウト眠った状態になる
  • 口内の注射や治療を殆ど覚えていない状態になる
  • 嘔吐反射が強い人でも、「オエッ」となるのを防ぐ
  • 痛みや恐怖心などのショックを未然に防ぐ

※静脈内鎮静は、局所の痛みをとる作用ではないので、十分に局所麻酔を効かせる必要がありますが、 鎮静中は局所に注射をしても殆ど覚えていないので、安心です。

静脈内鎮静法の流れ

  • まず、心電図・血圧計などの計器や点滴の準備をします。
  • 次に、患者様の状態を見ながら、不安や緊張感がとれるように薬をゆっくりと注入していきます。
  • そして不安や緊張がとれていると確認した段階で、インプラント手術が開始されます。治療中は麻酔医が「血圧・心電図・酸素飽和度」などをモニターで確認し、安心・安全な状態を維持します。
  • 治療終了後は、患者様の状態を確認して、麻酔医が帰宅の許可を出します。

キュアデンタルクリニックでは、
日本歯科麻酔学会認定医が常駐しています。

  • 麻酔医とは、
    患者様の内なる言葉の代弁者です

    麻酔医は手術中、患者様も代弁者となり、心身を守ります。通常、歯科治療中の患者様は医師との会話が困難となり、非常に緊張やストレスを感じる方も多いかと思われます。
    当院では、麻酔医が患者様や担当医とのカウンセリングで最適な麻酔を用い、安全確保をするとともに、患者様の立場でサポートいたします。
    静脈内鎮静法と認定麻酔医が常駐することで、安全な手術や治療を行う環境を作り出します。

    経歴

    日本歯科麻酔学会認定医
    北濱 誉(きたはま ほまれ)
    2003 神奈川歯科大学卒業
    歯科医師免許取得
    神奈川歯科大学付属病院総合診療科勤務
    2004 歯科医師研修課程修了
    神奈川歯科大学付属病院麻酔科入局
    横須賀共済病院麻酔科研修
    2006 聖マリアンナ医科大学病院麻酔科助手
    2008 神奈川歯科大学付属病院麻酔科医員
    (神奈川歯科大学付属研修センター 障害者歯科兼務)
    2009 麻酔専門医として複数のインプラントセンターにて勤務
    静脈内鎮静法症例数(2009.4~2012.3)
    年間最多400件、月平均30件
    2012.3~
    2013.4
    フリーランスの麻酔医として全国の歯科医院、美容外科で鎮静法及び全身麻酔を施行
    症例数 260件
  • 日本歯科麻酔学会認定医 北濱誉専属の麻酔医
  • マップ
  • 診療時間
  • 休診
  • 無料カウンセリング
  • 静脈内鎮静法
  • 正しいインプラント治療を。
  • 患者様の声
  • お支払いについて
  • アクセス
  • メディア掲載
  • ブログ
ページトップへ