月別アーカイブ: 2015年10月

キュアのBGM。

こんにちは!スタッフの桑田です。

今年も秋が短い予感がしてなりません・・・(悲)

急に朝晩冷えてまいりましたので、

風邪を引かないよう、皆様もご自愛くださいませ。

 

さて、今回はキュアのBGMについてご紹介させていただきます。

病院のBGMですから、あまり賑やかな音楽は避けるべし。

あくまでも診療の邪魔にならず、そして

患者様がリラックスできるような、穏やかな曲が望ましいと考えております。

とはいえ、毎日同じ曲では飽きてしまいますので、

私物のCDを数枚、そして院長セレクトの曲を数種類。

毎日、時には一日のうちでも、午前と午後で違うものを選曲しております。

 

曲調はヒーリング、フュージョン、JAZZ、夏はハワイアンなど。

JAZZを選曲するのは病院の中では珍しいのかもしれませんが、

患者様から大変ご好評をいただき、すっかり有頂天になってしまいましたので、

この場を借りて紹介させていただきます。

 

それがこちら。

DSC_0109

アルトサックス奏者のケニー・Gさんの作品『brazilian nights』。

こちらは軽快かつ賑やかすぎない『大人のボッサ・ノヴァ』です。

普段、ケニー・Gさんの作品はボッサ・ノヴァではなく

『フュージョンミュージック』です。

(歌声が入っていない、主にメロディだけの音楽です)

店頭ですと、JAZZかフュージョンミュージック売り場に必ず置いてあります。

 

ところが!このボッサ・ノヴァ音楽とサックスの競演が大変見事で、

これは一家に一枚!と言ってもよいくらいのCDです。

特にこの時期、貴重な秋の夜長に本を読みながら聴くのも、また一興。

片手には重めの赤ワインがあればなお宜し、といったところでしょうか。

 

・・・失礼いたしました。とにもかくにも、

よい音楽に囲まれて仕事ができるのは、贅沢なことですね。

 

それでは、また次回!